Jリーグで降格してないチームを一覧にしてみた!【サッカー】

サッカー

Jリーグも終盤になると話題の一つがJ2への降格です。

優勝を経験したことのあるチームが、試合直後に降格が決定して、泣き崩れるシーンを見ることがあります。サッカーを観ていて最も胸が痛くなるシーンです。

では、1度も降格していないチームはあるのでしょうか。確認して一覧にしてみようと思います。

スポンサーリンク

降格してないチームといえば…

Jリーグ発足から現在まで、降格していないチームは

鹿島アントラーズ横浜F・マリノスの2チームだけ。

少なすぎて一覧にできませんでした…。

 

Jリーグは10チームで発足しました。オリジナル10と呼ばれるチームです。

その中で横浜フリューゲルスは横浜マリノスに合併され、横浜F・マリノスとなり、なくなっています。そして現在、ジェフユナイテッド千葉、東京ベルディ1969の2チームがJ2で戦っています。

残りの5チームが1度はJ2降格を経験しています。しかもこの5チームはすべて優勝も経験しているのです。

Jリーグは世界の中でも実力が拮抗しているといわれています。つまり、Jリーグはちょっとでも歯車が狂うと降格してしまう可能性があり、うまくいけば上位を目指せるリーグといえます。

 

理由を考えてみた

鹿島アントラーズというチームは常勝軍団というイメージがあります。

実際に歴代の順位を見ても常に1桁順位を記録し、Jリーグ史上初の3年連続優勝はほかのどのチームも経験できていません。

また鹿島アントラーズには「勝負強い」という印象があります。以前インタビューで大岩監督が「ほかのチームがそういうイメージを持っている。1点取ると勝手にこけてくれる」と、コメントしていました。安定して強いチームです。

今季も2019年11月14日現在で首位のFC東京に勝ち点差3で、優勝争いに参加しています。

 

横浜F・マリノスも1995年、2003年、2004年に優勝を経験しているチームですが、2005年からは大体中位ぐらいの成績が多く、危なげない印象です。

しかし、近年は攻撃的なチームに変貌しました。複数得点を決めて、圧倒的に勝つ試合が多くなっています。

これは2014年にイングランドのシティ・フットボール・グループとグローバルパートナーシップを締結して、新しいスタイルを構築しているからです。

今季は1月14日現在で首位のFC東京に勝ち点差1の2位につけて、優勝を狙っています。

 

まとめ

・JリーグでJ2に降格したことがないチームは鹿島アントラーズと横浜F・マリノスの2チームだけです。

・鹿島アントラーズは勝負強い常勝軍団です。

・横浜F・マリノスは危なげないチームでしたが、近年は攻撃的なチームに変貌しています。

【公式】Jリーグ公式サイト(J.LEAGUE.jp)
Jリーグ公式サイト:Jリーグ試合速報、ニュースリリース、日程結果、順位など、JリーグとJクラブの情報をご覧いただけます。

コメント