【名古屋グランパス】選手の平均年齢は何歳?最年長選手と最年少選手も確認

サッカー

サッカー選手が活躍する年齢は20代が多く、30代になるとベテランという気がしますが、名古屋グランパスに所属する選手たちは何歳くらいの人が多いのでしょうか。選手の年齢とチームの平均年齢を確認してみました。

スポンサーリンク

選手の平均年齢は何歳?

2019年10月31日現在で、名古屋グランパスに在籍する選手は29人です。

29人の平均年齢は25.3歳となりました。

割合でみると10代が3人、20歳から25歳は13人、26歳から30歳が6人、31歳以上が7人となっています。

ポジション別にみるとGKの平均年齢は26.3歳、DFは25.9歳、MFは24.3歳、FWは26.2歳となりました。

GKとFWの平均年齢が少しだけ高くなりました。しかし、DFのポジションは30代が3人と一番多いのですが、10代も2人いて、年齢幅が広いといえます。

 

最年長選手と最年少選手はというと…

今季の最年長選手はDFの千葉選手で1985年生まれの34歳です。

今年移籍してきた千葉選手ですが、いきなり最年長と知って驚いていました。しかし明るいキャラクターなのですぐにチームに溶け込んで、オン・ザ・ピッチ、オフ・ザ・ピッチを問わず、チームを引っ張っています。

ちなみに昨年までの最年長は現楢崎CSF(クラブ・スペシャル・フェロー)で、1976年生まれの現在は43歳なのでダントツの最年長でした。一気にチームが若返りました。

最年少は2001年生まれのGK三井選手で、現役の高校生です。

三井選手は現在は2種登録でメインは名古屋グランパスU-18でプレイしています。来シーズンのトップチーム昇格が内定しているので、将来が楽しみな選手です。

参考:
nagoya-grampus
data.j-league

 

まとめ

・名古屋グランパスの平均年齢は25.3歳です。

・最年長は明るいキャラクターのDF千葉和彦選手で34歳です。

・最年少はGK三井大輝選手で18歳です。現在は2種登録で、メインは名古屋グランパスU-18で活躍中です。

関連記事

【名古屋グランパス】平均年俸はいくら?ちなみに1位はというと…

名古屋グランパスホーム自由席でのルールや持ち物まとめ!服装やチャントもチェック

【名古屋グランパス】豊田スタジアムの座席表を確認!キャパやおすすめ席をご紹介

コメント