【名古屋グランパス】補強情報2020を整理!外国人選手の噂もチェック

サッカー

これからは2020年に向けてのチームづくりが行われます。来季の補強はどうなっているのでしょうか。情報をまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

補強情報2020を整理

確定しているのは…

現段階での確定情報はGK三井大輝選手DF石田凌太郎選手がユースからトップチームへの昇格が内定しています。また、九州国際大学付属高校からDF吉田晃選手の加入も決まっています。

その他の動きとしては、ほんの少し前まで残留争いの真っ只中にいたためか、クラブからの契約更新、契約満了、引退、移籍などの情報は上がっていません(2019年12月8日現在)。

契約までは至っていないようですが、フィッカデンティ監督の続投をフロントが示唆しているため、それなりの出入りがあると思われます。

候補とか噂だと…

まずは、9人の選手をレンタルに出しています。

そして3人の選手がレンタルで名古屋グランパスにレンタルで加入しています。この選手たちの動向が気になりますが、基本的に動かないと見ます。

しかし鹿島アントラーズに行った相馬勇紀選手が帰ってくるかどうかは気になります。

そして過去に断られたことのある選手にも再度、声をかけることをしているので、セレッソ大阪の柿谷曜一朗選手は候補として挙がっていると思います。

去年、一昨年とフロントはあっと言わせるような外国人選手を含めた主力級の選手を獲得しているので、どんな加入があるのか注目はしていきたいです。

まとめ

・ユースからGK三井大輝選手、DF石田凌太郎選手、高校からDF吉田晃選手の加入が内定しています。

・鹿島アントラーズの相馬勇紀選手のレンタルバックがあるか気になります。

・毎年あっといわせるような主力級の選手の加入があるので、注目です。

コメント