タジキスタンのサッカーFIFAランキング推移!【ワールドカップ予選】

サッカー

ここでは、日本代表がワールドカップ予選で対戦するタジキスタンサッカー代表について見ていきます。彼らのこれまでのFIFAランキングの推移を確認してみましょう。

スポンサーリンク

FIFAランキングってどれくらい?

タジキスタン代表のFIFAランキングの推移は以下のようになっています。

1994年 155位
1995年 164位
1996年 163位
1997年 118位
1998年 120位
1999年 119位
2000年 134位
2001年 154位
2002年 168位
2003年 137位
2004年 137位
2005年 141位
2006年 124位
2007年 137位
2008年 146位
2009年 165位
2010年 145位
2011年 139位
2012年 136位
2013年 114位
2014年 135位
2015年 148位
2016年 129位
2017年 126位
2018年 120位
2019年 119位

参考:fifa.com

タジキスタン代表ってどんなチーム?

2次予選抽選会でFIFAランクが120位だったタジキスタン代表は1次予選を免除されています。直近の親善試合では、FIFAランキングで格上のシリア代表(83位)やインド代表(101位)に勝利しています。

過去に国際大会で目立った成績は残していません。

2011年に日本代表はタジキスタン代表と最終予選で同組で、8-0、4-0と勝利を収めています。

2018年のU-16アジア選手権では北朝鮮、韓国などに勝利し、決勝で惜しくも日本代表に負けましたがタジキスタンの快進撃に国民は大盛り上がりでした。

若い世代が順調に成長していけば今後、日本のライバルになる可能性はありそうです。

監督はウズベキスタン人のウスマン監督が務めています。選手の大半は国内リーグでプレーをしていて、1人だけマレーシアでプレーしています。

soccerdigestweb

 

まとめ

・近年はFIFAランクで120位前後を推移しているタジキスタン代表

・過去に日本代表と対戦していますが、敗れている

・監督はウズベキスタン人のウスマン監督

・若い世代が力をつけており、将来強豪国になる可能性がある

関連記事

キルギスサッカーのFIFAランキングを確認!推移もまとめてみた【ワールドカップ予選】

ミャンマーサッカーのFIFAランキング推移!【ワールドカップ予選】

コメント