【サッカー】 FIFA世界ランキングの決め方を確認!ポイントの計算方法は?

サッカー

サッカーの話題に必ず出てくるのがFIFA世界ランキング。「そもそもどうやって決めているのかすら知らない…。」という方もいらっしゃるかと思います。ここでは最新のFIFA世界ランキングの決め方やポイントシステムについて見ていきます。

スポンサーリンク

FIFA世界ランキングとは?

FIFAというのは国際サッカー連盟のことを指します。

そのFIFAによるA代表のランキングのことをFIFA世界ランキング(正式名称:FIFA/Coca-Cola World Ranking)と言い、1993年から始まっています。

A代表というのは年齢制限のない最強ナショナルチームのこと

ワールドカップなどで、世界各国のクラブチームに移籍している有力選手が集結して試合に挑みますよね。あれがA代表です。

FIFA世界ランキングは、FIFAに加盟する各国・地域のA代表の国際Aマッチの成績をもとにポイント化して決定しています。選手全員が同じ国籍なので純粋にその国の強さが分かるということになります。

国際AマッチというのはFIFA加盟国・地域のA代表同士の試合のことです。

どれくらいの周期で発表されてるの?

世界ランキングは、ほぼ毎月、男女どちらかのランキングが発表されています。

FIFA公式サイトの「World Ranking」をクリックすればランキングチェックが出来ます。

悲しい事に日本語表記がありませんが、googleが翻訳してくれますよ。

ちなみに2019年のランキングスケジュールはというと…

2019年2月7日(男子)
2019年3月29日(女子)
2019年4月4日(男子)
2019年6月14日(男子)
2019年7月12日(女子)
2019年7月18日(男子)
2019年9月19日(男子)
2019年9月27日(女子)
2019年10月24日(男子)
2019年11月28日(男子)
2019年12月13日(女子)
2019年12月19日(男子)

となっています。男子が年に8回、女子が年4回です。発表のない月もあります。国際Aマッチの開催時期も関係してくるのかもしれませんね。

FIFA公式サイト-world-ranking

決め方やポイントシステムをみてみた

次にランキングの決め方となるポイントシステムを見ていきましょう。

これまで4回の変更がなされています。ここでは2006年方式と4度目に変更された現行の2018年方式について見ていきます。

2006年方式

そもそもこのFIFA世界ランキング。

上位を占めているのはヨーロッパや南米で、これは当然といえば当然。ただ、アジア勢は割と良い成績であってもランキングはあまり上がらない印象がありました。

2006年7月12日〜2018年6月7日まで使われていたランキングポイントの算出方法は

P =A × B × C × D ×100

P…FIFAランキングポイント
A…試合結果
B…試合の重要度
C…対戦国の強さ
D…大陸連盟の強さ

というもの。

過去48ヶ月間の国際Aマッチが対象となり、年間の平均ポイントを算出するシステムになります。

この「対戦国の強さ」と「大陸連盟の強さ」というものが曲者。

「大陸連盟の強さ」なんて特に謎…。

これではアジア、アフリカなど、ヨーロッパや南米の強豪国との対戦機会が少ない代表にとってはなかなかの痛手になります。そもそもポイントを得る機会が得られませんから。

おまけに各大陸選手権の頻度も大陸ごとに異なるため、試合の重要度でもポイントが左右されるという…。

2018年方式

そのような背景もあり、2018年8月16日以降の発表分から算出方法が変わっています。

P = Pbefore + I *(W − We)
P…FIFAランキングポイント
Pbefore…試合前のポイント
I…試合の重要度(5〜60まで)
W…試合の結果
We…試合の期待結果
*…掛け算の記号「×」

試合に勝つかランキングが格上のチームに引き分けるとポイントが加算され、試合に負けるかランキングが格下のチームに引き分けるとポイントが減算される仕組みになっています。

I…試合の重要度について

試合の重要度というのは加算・減算されるポイントの最大値を表し、5〜60まで8段階があります。

5:国際Aマッチデー以外の親善試合
10:国際Aマッチデーの親善試合
15:各ネーションズリーグのグループステージ
25:各大陸選手権予選とFIFAワールドカップ各大陸予選、各ネーションズリーグのファイナルフォーとプレーオフ
35:各大陸選手権本大会の準々決勝以前の全試合
40:各大陸選手権本大会準々決勝以降の試合、FIFAコンフェデレーションズカップの全試合
50:FIFAワールドカップ本大会準々決勝以前の全試合
60:FIFAワールドカップ本大会準々決勝以降の試合
参考:wikipedia

W…試合の結果について

試合結果によって5段階のランクに分けられます。
勝ち…W=1
PK戦による勝ち…W=0.75
引き分け…W=0.5
PK戦による負け…W=0.5
負け…W=0

We…試合の期待結果

We = 1 / (10^(-dr/600) + 1)

「dr」は2つの競技チームのレーティングの差です。

dr=(ポイント計算したいチームの試合前のポイント)−(相手チームの試合前のポイント)

※表記上の問題で「^」はべき乗の記号とします。

「10^(-dr/600)」は「10の(-dr/600)乗」を意味します。

FIFAの公式例で計算してみた

さっぱりわからないので、FIFAの公式例を見ながら計算してみることに。

例:チームAは試合前に1300ポイントを獲得し、チームBに対して大陸の予選を勝ち取りました。チームBは1500ポイントを持っています。

FIFAランキングポイントの公式

P = Pbefore + I *(W − We)

 

<チームAの場合>

Pbefore…1300
I…25
W…1
We…1/(10 ^(−(1300−1500)/ 600)+1)

 

Weの分母を計算すると…

10 ^(−(1300−1500)/ 600)+1
=10 ^(−(−200)/ 600)+1
=10 ^(1/3)+1
=2.15443469+1
=3.15443469

 

よってランキングポイントは、

P = 1300 + 25 ×(1−(1 /3.15443469))
= 1300+ 25 ×0.682985987
= 1317.07465

 

チームAは17ポイントを獲得し、試合後のランキングポイントは1317ポイントとなります。

 

<チームBの場合>
Pbefore…1500
I…25
W…0
We…1/(10 ^(−(1500−1300)/ 600)+1)

 

Weの分母を計算すると…

10 ^(−(1500−1200)/ 600)+1
=10 ^(−200/ 600)+1
=10 ^(−1/3)+1
=0.464158883+1
=1.464158883

 

よってランキングポイントは、

P = 1500 + 25 ×(0−(1 /1.464158883))
= 1500 +25 ×(−0.682985987)
= 1500 −17.0746497
= 1482.92535

 

したがって、チームBは試合後に1483ポイントになります。

チームAに加算されたポイントと同量のポイントが減算されます。

 

※「10 ^(1/3)」のような複雑な計算はyahoo!の検索窓に計算式を入れて計算しています。

参考:fifa-world-ranking-technical-explanation-revision.pdf

減算されない時もあるよ

ノックアウトラウンド(決勝トーナメント)の試合に関してはポイントの加算のみで減算は行われません。

(W – We)<0の場合、P = Pbefore

となり、獲得ポイントは0ポイントになります。

まとめ

・FIFA世界ランキングは世界サッカー連盟が算出し男女混合で大体、月に1度発表

・ランキングポイントの算出方法が2018年8月16日以降の発表分から改定

・FIFAランキングポイントは試合前のポイントと試合の重要度、試合の結果、試合の期待結果の数字をもとに計算されている

関連記事

【サッカー】FIFA世界ランキング歴代最高位一覧!傾向や理由も分析してみた

【サッカー】FIFA世界ランキングの日本の推移!最高位はどこ?男女別に見てみた

コメント