Jリーグの当日券はどこで買える?購入方法や値段をチェック

サッカー

Jリーグの試合を観に行く予定だったのにチケットが当日まで準備できなかった場合、ほとんどの試合に当日券が販売されています。当日券の購入方法や前売りとの値段の違いについてまとめています。

スポンサーリンク

当日券はどこで買える?購入方法をみてみた

一番簡単なのはスタジアムに行ってしまうことです。スタジアムにはチケット販売所がありますのでそこで購入できます。

ただ、サッカースタジアムは広いのでどこに販売所があるか確認しておいた方がいいでしょう。わかりやすい場所に複数個所ある場合が多いですが、やみくもに歩きまわると試合が始まる前に体力を消耗してしまいます。

スタジアムに行く途中にセブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートのコンビニやチケットぴあ、CNプレイガイドがある場合はそこでの購入もできます。

どちらにしても前売りの段階でチケットが完売してしまったら当日券は販売されないので、公式サイトなどで確認をしましょう。

 

当日券の値段はいくら?

値段が安いのはゴール裏でサポーターズシートと言われています。

スタジアムにもよりますが、2,000円台後半から3,000円台のところが多いようです。ただこのエリアは人気が高く、早くからチケットが売れてしまうので当日券の競争率はとても高いです。

スタジアムによって違いますが、一番高い席はセンターライン近くのメインスタンドでピッチに近いところになります。とても迫力を感じる席です。6,000円くらいからスタジアムによっては10,000円を超える席もあります。こちらの席も団体で抑えられていたり、そもそも席数が少ない場合が多いので、やはり当日では買いにくい席かもしれません。

 

前売り券よりどれくらい高い?

やはりこれもスタジアムや座席によって違ってくるのですが、一般前売り券に比べると500円くらい高い場合が多いです。安い自由席の子ども料金でも200円くらい高くなる場合が多いです。

 

まとめ

・当日券を手っ取り早く購入するならスタジアムのチケット販売所に行きましょう。
・安い席は2,000円台後半から、高い席では10,000円を超える席もあります。
・当日券は前売り券に比べると500円くらい高い場合が多いです。

参考:
consadole-sapporo
vegalta
antlers
urawa-reds
fctoky
frontale
f-marinos
bellmare
yamaga-fc
s-pulse
jubilo-iwata
nagoya-grampus
gamba-osaka
cerezo
vissel-kobe
sanfrecce
sagan-tosu
oita-trinit

コメント