【鹿島アントラーズ】補強2020を見てみると?噂や外国人選手もチェック

2019年のJリーグでは鹿島アントラーズは優勝争いをしたものの3位で終了しました。まだ天皇杯が残っていますが、補強2020はどうなっているのでしょうか。移籍情報で流れる噂や外国人選手の動きもチェックしてみました。

スポンサーリンク

補強2020の情報をまとめてみた

確定しているのは…

一番大きな情報としては大岩監督の退任が決定していることです。しかしまだ天皇杯が残っているので、来期は誰が監督をするのか情報は上がってきていません。

監督によって鹿島アントラーズのスタイルが大きく変わることは考えづらいですが、注目です。

そのほかで確定しているのは鹿島アントラーズユースから昇格のGK山田 大樹選手、高校から松村 優太選手、荒木 遼太郎選手、染野 唯月選手の加入が決まっています。

退団では、GK川俣 慎一郎選手とファジアーノ岡山にレンタルしていたMF久保田 和音選手が確定しています。

 

噂だと…

川崎フロンターレのDF奈良 竜樹選手、横浜Fマリノスの広瀬 陸斗、ベガルタ仙台DF永戸 勝也選手にオファーを出しているという報道があります。

また、湘南ベルマーレの主力でオリンピック候補のDF杉岡 大暉選手にもオファーを出しているといわれています。

外国人選手はどうなの?

現地メディアではブラジル、インテルナシオナルから23歳のMFファン アラーノ選手獲得に動いていると報道が出ています。

それに伴いセルジーニョ選手の中国への移籍が噂されています。

まとめ

天皇杯終了で大岩監督が退任します。

今のところ新入団は高卒ルーキーが3人決まっています。鹿島アントラーズは若い選手を育てるのが上手いクラブといわれているので、今後の彼らの活躍に期待したいです。

そしてブラジル人MFファン・アラーノ選手は獲得できるのかも見守っていきたいところ。

jsgoal

footballchannel

関連記事

【横浜Fマリノス】補強2020情報を整理!外国人選手の移籍も確認

【清水エスパルス】補強2020を確認!噂や外国人選手の移籍もチェック

コメント