【横浜Fマリノス】補強2020情報を整理!外国人選手の移籍も確認

サッカー

2019年のJリーグでは横浜Fマリノスが15年ぶりの優勝を決めて幕を閉じました。オフシーズンに入り移籍情報が飛び交う時期になりましたが、補強2020はどうなっているのでしょうか。移籍情報で流れる噂や外国人選手の動きもチェックしてみました。

スポンサーリンク

補強2020情報をまとめてみた

加入が確定しているのは…

・ユースからDF池田 航選手、MF松田 詠太郎選手、FWブラウン ノア 賢信選手のトップ昇格

・パルメイラスから期限付き移籍で加入していたチアゴ マルチンス選手の完全移籍

・京都サンガF.C.の仙頭 啓矢選手

・セレッソ大阪の水沼 宏太選手(元横浜Fマリノス所属。古巣に戻ってきます)

・ツエーゲン金沢の山本 義道選手

・ムアントンユナイテッド (タイ)から期限付き移籍していたティーラトン選手

・徳島ヴォルティスの梶川 裕嗣選手

・大分トリニータにレンタル移籍していた、浦和レッズのオナイウ 阿道選手

・レノファ山口FCの前 貴之選手

・サンフレッチェ広島の中林 洋次選手、和田 拓也選手選手

・流通経済大学のオビ パウエル オビンナ選手

 

退団が確定しているのは…

・GK杉本 大地選手がジュビロ磐田へ完全移籍

ドゥシャン選手、町野 修斗選手、堀 研太選手の契約満了

・長年横浜Fマリノスでセンターバックを務めてきた栗原 勇蔵選手が引退

中川 風希選手が京都サンガF.C.へ完全移籍(J2モンテディオ山形との争奪戦の末)

原田 岳選手がSC相模原へ期限付き移籍延長

山田 康太選手が水戸ホーリーホックへ期限付き移籍

山谷 侑士選手が水戸ホーリーホックへ期限付き移籍

西山 大雅選手がラインメール青森へ期限付き移籍延長

 

外国人選手はどうなの?

マテウス選手は名古屋グランパスからレンタル移籍となっていますので、来季横浜Fマリノスでプレイするのかまだ決まっていないようです。

 

まとめ

・ユースからの昇格が3名決定

・昨年の中澤 佑二選手に続き、長年センターバックを務めていた栗原 勇蔵選手の引退

・水沼 宏太選手が古巣である横浜Fマリノスに戻ってくる

参考:
daily
f-marinos

コメント