ACL歴代優勝チーム一覧!歴代得点ランキングもみてみる【サッカー】

サッカー

サッカーアジアチャンピオンズリーグ、ACLの決勝戦セカンドレグが11月24日に行われます。Jリーグから浦和レッズが出場し、決勝まで残りました。Jリーグのクラブは広いアジアの中でどのくらいの強さなのでしょうか。

そこで、歴代優勝チームと歴代得点ランキングを調べてみました。Jリーグのチームや選手はどのくらい活躍しているのか楽しみです。

歴代優勝チーム一覧!一番多いのはどこの国?

年度 優勝チーム
2002-03 アル・アイン(UAE)
2004 アル・イテハド(サウジアラビア)
2005 アル・イテハド(サウジアラビア)
2006 全北現代モータース(韓国)
2007 浦和レッズ(日本)
2008 ガンバ大阪(日本)
2009 浦項スティーラース(韓国)
2010 城南一和天馬(韓国)
2011 アル・サッド(カタール)
2012 蔚山現代(韓国)
2013 広州恒大(中国)
2014 ウェスタン・シドニー(オーストラリア)
2015 広州恒大(中国)
2016 全北現代モータース(韓国)
2017 浦和レッズ(日本)
2018 鹿島アントラーズ(日本)

AFCアジアチャンピオンズリーグという名称になってから2018年までで16回開催され、その国別の内訳はアラブ首長国連邦(UAE)1回、サウジアラビア2回、韓国5回、日本4回、カタール1回、中国2回、オーストラリア1回となりました。韓国のチームが一番多く続くのは日本となりました。

 

歴代得点ランキング

年度 選手名 所属クラブ 得点数
2002-03 郝海東(中国) 大連実徳 9
2004 金度勲(韓国) 城南一和天馬 9
2005 モハメド・カロン(シエラレオネ) アル・イテハド 6
2006 マグノ・アウベス(ブラジル) ガンバ大阪 8
2007 モタ(ブラジル) 城南一和天馬 7
2008 ナンタワット・タエンソパ(タイ) クルン・タイ・バンク 9
2009 レアンドロ(ブラジル) ガンバ大阪 10
2010 ジョゼ・モタ(ブラジル) 水原三星ブルーウィングス9
2011 李東国(韓国) 全北現代モータース 9
2012 リカルド・オリヴェイラ(ブラジル) アル・ジャジーラ 12
2013 ムリキ(ブラジル) 広州恒大 13
2014 アサモア・ギャン(ガーナ) アル・アイン 12
2015 リカルド・グラール(ブラジル) 広州恒大 8
2016 アドリアーノ(ブラジル) FCソウル 13
2017 オマル・フリービーン(シリア) アル・ヒラル 10
2018 バグダード・ブーンジャー(アルジェリア)アル・サッド 13

 

ACLでの得点王をみると、ブラジル人が8人と半分を占めています。

またアフリカ出身の選手が3人、アジア出身の選手は5人という内訳になりました。Jリーグにもブラジル人選手は多いですが、広いアジアの各チームにもブラジル人選手の点取り屋が多く所属しているのでしょう。

 

まとめ

・歴代優勝チームで一番多い国は5回の韓国、続いて日本は4回でした。

・歴代得点ランキングは圧倒的にブラジル人選手が多かったです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/AFCチャンピオンズリーグ

関連記事

ACLのルールを確認!イエローカードは累積何枚で退場?【サッカー】

コメント