東京オリンピックのサッカー出場国一覧!出場枠は何カ国?

オリンピック

オリンピックでもサッカーは定番種目。ここでは東京オリンピックにおけるサッカー出場国を一覧にして見ていきましょう。

また、地域によって出場国が何枠あるか確認していきます。

サッカー出場国一覧!出場枠はいくつ?

オリンピックの出場枠は合計16国となっています。

2019年11月現在は、開催国の日本を含め以下の6チームの参加が確定しています。

日本
ニュージーランド
スペイン
フランス
ルーマニア
ドイツ

オセアニアとヨーロッパ予選を勝ち抜いたチームです。

残りのチームはいつ決まる?

残りのチームはこれから徐々に決まっていきます。

アジア 3枠(2020年1月決定)
アフリカ 3枠(2019年11月決定)
北中米・カリブ 2枠(2020年4月決定)
南米 2枠(2020年1月決定)

力がある南米より、アジアの方に枠が多いのが面白いところです。

オリンピックはFIFAランキングではなく、各大陸の国数ごとの割合で枠を決めてることが予想できます。AFC(アジアサッカー連盟)はそもそも範囲が広いですよね。

2020年4月にすべての枠が出揃います。

まとめ

・出場枠は16チーム

・2019年11月現在、開催国日本を含め6チームの出場が決定

・アジア3枠、アフリカ3枠、北中米・カリブ2枠、南米2枠のチームはこれから決まる

・2020年4月にすべての出場国が決定

参考:football-zone

関連記事

【東京オリンピック】サッカーのメンバーを予想!日本代表候補は誰?

コメント