【サッカー】4大リーグの特徴とは?レベルやそれぞれの魅力を整理

サッカー

サッカーで4大リーグと呼ばれるのはどこのリーグなのでしょうか。ここでは、それぞれのリーグのレベルや特徴を説明していきます。

スポンサーリンク

4大リーグとは?

サッカーが好きな人や観たりする人なら4大リーグという言葉を聞いたことがあると思います。

4大リーグは世界中にファンがいて、レベルや人気が高い、ヨーロッパの4つのリーグを指します。

4つのリーグとは、

・リーガ・エスパニョーラ(スペイン)
・プレミアリーグ(イングランド)
・セリエA(イタリア)
・ブンデスリーガ(ドイツ)

です。

多くの世界の一流サッカー選手がこの4大リーグに集結して、高いレベルの試合をこなしていきます。

また、ヨーロッパチャンピオンズリーグと言われる世界最高峰の大会では、ほぼ毎年この4つのリーグのチームの1つが優勝するほど4大リーグ以外のチームと実力に差があります。

 

レベルや特徴を整理

さらにそれぞれのリーグのレベルや特徴を説明していきます。

ランキングはヨーロッパチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグと言われるヨーロッパのクラブチームが参加する大会の成績をもとに算出されています。過去5ヶ年(16/17シーズンから19/20シーズン2019年8月13日現在まで)の数字になります。

ラ・リーガ

UEFAランキング1位、ポイント86.069
1試合あたりの平均観客動員数27,381人
選手の平均給与 約3億500万円

レアル・マドリードやFCバルセロナがリードするスペインのリーグです。

この2チームの試合は「エル・クラシコ」と呼ばれ世界中の注目が集まります。この2チームに加えてアトレティコ・マドリードが常にヨーロッパの大会では上位に進出します。

リーグのスタイルとしては高い戦術と攻撃的なサッカーで観ているものを魅了します。先ほど述べた3チームも他の下位のチームに敗れるなど波乱が多いリーグで非常に面白いリーグとなっています。

ラ・リーガとは?リーガエスパニョーラとの違いは何?意味や構造をまとめたよ

 

プレミアリーグ

UEFAランキング2位、ポイント74.605
1試合あたりの平均観客動員数36,675人
選手の平均給与 約4億1500万円

サッカー発祥地のイングランドで開催されるプレミアリーグです。

有名チームはマンチェスターシティ、マンチェスターユナイテッド、リバプール、チェルシー、トットナム、アーセナルなどが挙げられます。

前シーズンのヨーロッパチャンピオンズリーグのベスト8はリバプール、トットナム、マンチェスターシティ、マンチェスターユナイテッドが残り、決勝はリバプール、トットナムが対戦しリバプールが優勝しました。

試合はスピーディな展開と激しいプレーが合わさっています。それゆえ試合数の多さと相まって世界一タフなリーグとも呼ばれています。

国民的スポーツのサッカーを見るためにスタジアムには多くの観客が集まります。また、多額の放映権や多くの大富豪がオーナーを務めるので、選手の平均給与は世界1高くなっています。

プレミアリーグとは?試合数は何節までで期間はどれくらい?【サッカー】

 

セリエA

UEFAランキング3位、ポイント58.784
1試合あたりの平均観客動員数22,967人
選手の平均給与 約2億1000万円

リーグ8連覇中のユベントスを中心にインテルやACミラン、ナポリなどが有名なイタリアのリーグです。

過去にはリーグランキングで1位となっていましたが、リーグでの八百長事件などのスキャンダルがありリーグのレベルや人気は全盛期ほど高くはありません。

しかし、高い守備戦術を中心としたチームが多く、その守備を破っていく華麗なゴール集は見応え十分です。

セリエAの試合数をチェック!何節までなのか期間も確認

 

ブンデスリーガ

UEFAランキング4位、ポイント58.439
1試合あたりの平均観客動員数43,402人
選手の平均給与 約1億9300万円

バイエルンミュンヘンが常にリーグチャンピオンに君臨するドイツのリーグです。

ドルトムントやシャルケ、レバークーゼンがヨーロッパの大会で好成績を残します。いかにバイエルンミュンヘンを攻略するか、どのチームも必死になって倒しにいきます。

プレミアリーグのように激しいプレーが多く、屈強な選手たちで繰り広げられるダイナミックなサッカーが見どころとなっています。

1試合あたりの平均観客動員数が世界一で多いときには8万人の観客が選手を後押しします。外国人枠が上の3つのリーグと比べてゆるいので多くの外国人選手がこのリーグでプレーしています。

ブンデスリーガの試合数は何節までで期間はどれくらい?

 

まとめ

・4大リーグはリーガ・エスパニョーラ(スペイン)、プレミアリーグ(イングランド)、セリエA(イタリア)、ブンデスリーガ(ドイツ)

・ラ・リーガはヨーロッパリーグランキングで首位におりスペクタルなサッカーが魅力

・プレミアリーグは平均給与が世界一高いリーグで激しいサッカーが特徴

・セリエAは過去の人気やレベルほどではありませんが、高い守備戦術とそれを打ち破る高度な攻撃が特徴

・ブンデスリーガは世界一観客が訪れるリーグで、激しいプレーやダイナミックなサッカーが特徴

参考:

観客動員数…football-zone
リーグランキング…transfermarkt
平均給与…globalsportssalaries

コメント