サッカーボールのサイズの違いと選び方!プロ用から子供用まで年齢別に整理

サッカー

サッカーで使われるサッカーボールにはサイズの違いがあります。ここでは、その選び方を用途別、年齢別に合わせてご紹介いたします。

スポンサーリンク

サッカーボールのサイズとは?

サッカーボールにはサイズがあります。サイズは5号から始まり1号まであります。

サイズが分けられているのはなぜ?

サッカーは世界中で人気なスポーツで子どもから大人まで幅広い年代でプレーされています。しかし、大人と子どもでは体の大きさや筋力の違いがあり、しっかりとプレーできるようにそれぞれの年代に適したボールのサイズが存在します。

サイズ別の使われ方

日本では13歳からは5号サイズのボールを使用します。

これは大人と同じで、Jリーグやワールドカップでも5号サイズのボールが使用されています。それ以外の小学生年代4号サイズのボールや3号サイズが使用されています。

小学生以下のサッカーでは4号サイズに加えて3号サイズが使用されています。基本的には中学生年代までは3号や4号サイズのボールを使い、それ以降は5号サイズのボールを使用します。

他の2号サイズや1号サイズは販売されていますが、公式試合では使われることはなく、ボールタッチ感覚を養う目的やサインボールなどの用途で使われることが多いです。

プロ用と子ども用は何が違うの?

サッカーボールは規格が世界共通で統一されていますが、プロ用と子ども用では違いがあります。

プロ用のボールは高いもので1万円以上します。

芝生で使われることが多いのでボール表面の反発力は高めに設定されています。そのため、ボールを蹴った感覚は非常に気持ちがいいものです。

形状やクオリティを保つためにボール自体の耐久力は低いです。他のボールと比べるとパンクが起こる可能性は高いです。

子ども用やアマチュア用のボールは、土で使われることもあるため、プロ用のボールと比べると反発力が低くなっています。

また、耐久性の面でプロ用のボールより高くなっていて、長く使えることができます。しかし、ボールを蹴った感覚はプロ用のボールと比べると反発力が低く、飛距離が伸びない傾向があります。

まとめ

・サッカーボールのサイズには5号から1号まであります。

・中学生以上からは5号サイズを使います。

・小学生やそれ以下では4号や3号サイズのボールが使われます。

・1号や2号サイズはトレーニングや、サインボールなどの用途に使用されることが多いです。

・プロ用と子ども用のボールは、反発力、耐久力の面において違いがあります。

コメント