ブンデスリーガの試合数は何節までで期間はどれくらい?

サッカー

ヨーロッパ4大リーグの1つであるドイツのブンデスリーガ。ここでは、ブンデスリーガの試合数は何節まであり、期間はどれくらいあるのか見ていきます。

スポンサーリンク

試合は何節まで行われる?

ブンデスリーガはドイツの国内のトップリーグで、18チームが参加しています。
各チームが全てのチームとホーム&アウェイで戦います。

そのため、ブンデスリーガは全34節となっています。

 

ブンデスリーガの期間はどのくらい?

今季(2019/2020)のブンデスリーガは2019年8月16日に開幕しました。

そこから、全日程の半分の第17節が12月21日に行われます。

年末年始は試合が行われませんが、チームのトレーニングは続きます。チームによっては暖かい国外ででミニキャンプを開催したり、選手の補強を行うなどのチーム強化が行われます。

リーグ戦は翌年の2020年の1月18日に再開し、5月16日まで続きます。

年末年始の中断期間があるとはいえ、ブンデスリーガは約10ヶ月という長い期間開催されることになっています。

 

16位のチームはさらに試合があるよ

全日程が終了した時点で16位のチームはブンデスリーガ2部の3位のチームと来季の1部の座ををかけてプレーオフを行います。

このプレーオフはホーム&アウェイで行われ、2試合の合計スコアによって勝敗が決められます。

昨季(2018/2019)は最終節が行われた次の週の木曜日に行われました。2試合目は4日後の月曜に行われました。

以上のように16位になったチームは34試合に加えて、さらに2試合追加されることになります。

 

まとめ

・ブンデスリーガは全18チームのホーム&アウェイの2回総当たり戦で、全34節がある

・ブンデスリーガは8月に開幕して翌年の5月に最終節が行われるまで、約10ヶ月の期間開催

・年末年始には試合は行われません。

・16位のチームはプレーオフでさらに2試合追加されます。

参考:
transfermarkt-ブンデスリーガ日程
transfermarkt-2018/19シーズンのプレーオフ日程

コメント