【Jリーグ】昇格・降格歴代チームをまとめてみた!

サッカー

Jリーグが終盤になると、どのチームがJ2に降格してしまうのか、J2のどのチームがJ1へ昇格するのかも、話題になります。

過去にどのチームが昇格・降格しているのか歴代チームをまとめてみました。

スポンサーリンク

昇格した歴代チームを一覧にしてみる

1999年 川崎フロンターレ、FC東京
2000年 コンサドーレ札幌、浦和レッズ
2001年 京都パープルサンガ、ベガルタ仙台
2002年 大分トリニータ、セレッソ大阪
2003年 アルビレックス新潟、サンフレッチェ広島
2004年 川崎フロンターレ、大宮アルディージャ
2005年 京都パープルサンガ、アビスパ福岡、ヴァンフォーレ甲府
2006年 横浜FC、柏レイソル、ヴィッセル神戸
2007年 コンサドーレ札幌、東京ヴェルディ1969、京都サンガF.C.
2008年 サンフレッチェ広島、モンテディオ山形
2009年 ベガルタ仙台、セレッソ大阪、湘南ベルマーレ
2010年 柏レイソル、ヴァンフォーレ甲府、アビスパ福岡
2011年 FC東京、サガン鳥栖、コンサドーレ札幌
2012年 ヴァンフォーレ甲府、湘南ベルマーレ、大分トリニータ
2013年 ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、徳島ヴォルティス
2014年 湘南ベルマーレ、松本山雅FC、モンテディオ山形
2015年 大宮アルディージャ、ジュビロ磐田、アビスパ福岡
2016年 北海道コンサドーレ札幌、清水エスパルス、セレッソ大阪
2017年 湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎、名古屋グランパス
2018年 松本山雅FC、大分トリニータ

 

降格したチームだと…

1998年 コンサドーレ札幌
1999年 浦和レッズ、ベルマーレ平塚
2000年 京都パープルサンガ、川崎フロンターレ
2001年 アビスパ福岡、セレッソ大阪
2002年 サンフレッチェ広島、コンサドーレ札幌
2003年 ベガルタ仙台、京都パープルサンガ
2004年※クラブ数を16から18に増加のため降格なし
2005年 柏レイソル、東京ヴェルディ1969、ヴィッセル神戸
2006年 アビスパ福岡、セレッソ大阪、京都パープルサンガ
2007年 サンフレッチェ広島、ヴァンフォーレ甲府、横浜FC
2008年 東京ヴェルディ1969、コンサドーレ札幌
2009年 柏レイソル、大分トリニータ、ジェフユナイテッド千葉
2010年 FC東京、京都サンガF.C.、湘南ベルマーレ
2011年 ヴァンフォーレ甲府、アビスパ福岡、モンテディオ山形
2012年 ヴィッセル神戸、ガンバ大阪、コンサドーレ札幌
2013年 湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田、大分トリニータ
2014年 大宮アルディージャ、セレッソ大阪、徳島ヴォルティス
2015年 松本山雅FC、清水エスパルス、モンテディオ山形
2016年 名古屋グランパス、湘南ベルマーレ、アビスパ福岡
2017年 ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟、大宮アルディージャ
2018年 柏レイソル、V・ファーレン長崎

 

ちなみに昇格したり降格したりしてるチームはどこ?

ちなみに最も昇格したり、降格したりしているのは北海道コンサドーレ札幌、湘南ベルマーレが昇格降格を4回ずつ繰り返して現在J1に在籍しています。

今季の北海道コンサドーレ札幌は残留が決まっていますが、湘南ベルマーレは現在自動降格圏の一つ上、16位に位置しているため降格の可能性があります。ここで降格してしまうと、降格回数最多の5回を記録してしまいます。

まとめ

・初めてJ1昇格をしたのは1999年の川崎フロンターレ、FC東京でした。
・初めてJ1からJ1に降格したのは1998年のコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)でした。
・昇格降格を最も繰り返しているチームは北海道コンサドーレ札幌、湘南ベルマーレで供に4回でした。

http://soccer-fam.jp/jleague-j2j3-history

リーグ

コメント