【レアルマドリードB】カスティージャとはどんなチーム?監督は誰?

サッカー

レアル・マドリードBチームのカスティージャとはどんなチームか。監督についても見てきます。

スポンサーリンク

レアル・マドリードBとは?

レアル・マドリードBの正式名称はレアル・マドリード・カスティージャ。

2019年現在、スペインリーグ3部に所属しており、直近の成績はグループ1で4位の成績。

レアルマドリードとはどこの国のリーグ?本拠地の場所は?

レアル・マドリードの下部組織の一つです。若手選手の育成を目的としており、所属選手の年齢は高くても20代前半。

しかし、近年トップチームは高額な移籍金を払い、有名選手を獲得してることからなかなかBチームから昇格する選手がいないのが問題となっています。

トップチームに昇格できない選手たちは国内外のクラブに移籍することに。スペインリーグにはこのBチーム出身の選手が多くプレーしているのも特徴です。

レアルマドリードの下部組織を図解!どんなピラミッドになってるの?

カスティージャとは?監督は誰?

Bチームとあって使用スタジアムもトップチームと異なり、収容人数も6,000人とサイズもコンパクト。

現在のチームには、トップチーム監督のジダンの息子、ルカ・ジダンが所属。久保建英選手は一旦このチームに所属しましたが、マジョルカへレンタル移籍中。

このカスティージャの監督が最近発表されました。クラブ歴代最多出場記録を持つ、ラウール・ゴンザレス監督が就任します。

クラブの伝説的選手であったラウール監督の指導方法にも注目が集まっています。

まとめ

・カスティージャとはレアルマドリードBチームのことを言う。

・トップチーム昇格を目指し、若手が3部リーグで実戦経験を積んでいる。

・トップチームに昇格できるのはわずかで、その他の選手は国内外のクラブに移籍する。

・来季からの監督はクラブの伝説的選手だった、ラウール・ゴンザレスが就任。

参考
realmadrid
カスティージャ-wikipedia
sponichi

関連記事

バルセロナの下部組織(カンテラ)を図解!日本人選手も確認

コメント