高校サッカー強豪校(九州)一覧!偏差値も一緒にみてみた

サッカー

九州の高校サッカーの強豪校を一覧にしました。今回はその高校の偏差値も一緒にチェックしていきます。

スポンサーリンク

九州強豪校一覧!偏差値はというと…

今回は2019年末に開催される高校サッカー選手権の代表校や県リーグ以上に所属している高校をまとめています。

プレミアリーグWESTは愛知から沖縄までのエリアの強豪チームが参加する西日本最高峰のリーグです。

2019年度のリーグには10チーム中2チームのみが高校のチームでした。

その下には九州プリンスリーグがあり、プレミアリーグWEST以下で県リーグ以上のリーグがあります。

2019年度は10チーム中6チームが高校のチームでした。

 

以下が今年度に良い成績を残した高校とその偏差値になります。

高校名、出場回数、リーグ名、偏差値の順で明記しています。

 

<高校サッカー選手権代表校>

福岡県予選:筑陽学園(11年ぶり3回目)(九州プリンスリーグ)46-69
佐賀県予選:龍谷(2年連続2回目)44-65
長崎県予選:長崎総科大附(4年連続7回目)(九州プリンスリーグ)40
熊本県予選:熊本国府(6年ぶり3回目)43-54
大分県予選:大分(2年連続11回目)43-64
宮崎県予選:日章学園(3年連続15回目)(九州プリンスリーグ)39-55
鹿児島県予選:神村学園(3年連続7回目)(九州プリンスリーグ)42-52
沖縄県予選:前原(5年ぶり3回目)39

 

<九州プリンスリーグ>

九州国際大学付属高校(福岡県)44-72
創成館高校(長崎県)38-42

 

<インターハイ代表校>

福岡予選:東福岡(8年連続17回目)(プレミアリーグWEST)49-62
佐賀予選:佐賀北(9年ぶり10回目)51-61
長崎予選:長崎日大(2年連続6回目)45-62
大分予選:大分(2年連続12回目)43-64
熊本予選:大津(2年連続20回目)(プレミアリーグWEST)52
宮崎予選:日章学園(4年連続15回目)39-55
鹿児島予選:神村学園(3年連続6回目)42-52
沖縄予選:那覇西(2年ぶり16回目)38-49
西原(12年ぶり5回目) 40

 

偏差値に幅があるのは高校の中にコースがいくつかあるためです。

夏のインターハイと冬の選手権の2つに出場するのは大分高校、日章学園、神村学園のみとなっています。

その他の県はそれぞれ違う高校が出場していることからレベルが拮抗していることがわかります。

まとめ

・東福岡高校と大津高校が西日本最高のプレミアリーグWESTに所属していますが、選手権の予選で敗退しています。

・九州プリンスリーグ所属の4つの高校が選手権に出場します。

参考:
jfa-九州プリンスリーグ
jfa-プレミアリーグWEST
koko-soccer-インターハイ
koko-soccer-選手権
minkou-偏差値

関連記事

高校サッカー強豪校(関東)一覧!偏差値もチェック

コメント