高校サッカー強豪校といえば静岡だとどこ?

サッカー

サッカーが盛んな地域と知られる静岡県。高校サッカー強豪校はどこになるのでしょうか。

伝統校から最近注目の高校までを見ていきましょう。

スポンサーリンク

2019年度の静岡の強豪校一覧

以下は2019年度の静岡の高校で静岡県リーグ以上に所属しているチームと夏と冬の全国大会出場チームです。

<インターハイ>

清水桜が丘

<選手権>

静岡学園

<プリンスリーグ東海>

清水桜が丘
静岡学園
藤枝東
浜松開誠館
富士市立
藤枝明誠

※清水商業の名前が板についている世代は「なんで清水商業いないの?」とうっかり思ってしまいますが、清水商業高校は再編され清水桜が丘高校になりました。

 

過去10年の高校サッカー選手権静岡代表校一覧

以下は過去10年分の高校サッカー選手権の代表校です。

カッコ内の数字は代表校になった回数です。

2018 浜松開誠館(1)
2017 清水桜が丘(1)※
2016 藤枝明誠(2)
2015 藤枝東(25)
2014 静岡学園(11)
2013 藤枝東(24)
2012 常葉橘(2)
2011 清水商業(12)※
2010 静岡学園(10)
2009 藤枝明誠(1)

※清水商業高校は再編され清水桜が丘高校になりました。

以上のように、伝統校でもある藤枝東高校、静岡学園高校、清水桜が丘高校(清水商業)が選手権出場回数が多くなっています。

また、最近では浜松開誠館高校、藤枝明誠高校、常葉橘高校なども力をつけています。
毎年、選手の入れ替わりがあるのが高校サッカーでもあります。

前の年と違う選手たちで構成されるチームなので、毎年勝ちつ続けるのが難しくもあり、面白いところでもあります。

まとめ

・静岡県の強豪校は藤枝東高校、静岡学園高校、清水桜が丘高校などの伝統校があります。

・他にも、浜松開誠館高校、藤枝明誠高校、常葉橘高校なども選手権に出場するなど力をつけています。

参考:
高校サッカードットコム
jfa-プリンスリーグ東海

関連記事

高校サッカー強豪校(九州)一覧!偏差値も一緒にみてみた

高校サッカー強豪校(関東)一覧!偏差値もチェック 

コメント