PSV(サッカーチーム)のフォーメーションを見てみよう!

サッカー

日本代表の堂安律選手がPSVへ移籍しました。ここではPSVの基本フォーメーションについて説明していきます。

スポンサーリンク

PSVの基本フォーメーションは4-3-3

今シーズンすでに10試合以上の公式戦を戦っているPSVですが、全ての試合で4-3-3の布陣を採用しています。

DFが左右のサイドバッグと2人のセンターバッグを配置します。

中盤の3人の部分はダブルボランチと1人のトップ下の選手の三角形の形を取ります。これは後に説明する逆三角形より、ディフェンスに重きを置いているフォーメーションです。

前線は3人のFWが左右と中央に1人ずつ配置されます。

堂安律選手は右FW(ウイング)として起用される可能性が高いとみられます。

4-3-3はオランダでは非常に馴染みのあるフォーメーションで、育成年代から大人になるまで同じフォーメーションでサッカーをすることが多いです。クラブチームから代表チームまで4-3-3を採用することが多いです。

他のフォーメーションは使わないの?

現在は、4-3-3の中盤の形が三角形のフォーメーションを採用していますが、長いシーズンでそのフォーメーションにも変更がありそうです。

昨シーズンも基本フォーメーションは4-3-3の三角形でしたが、いくつかの試合で4-3-3の中盤の形が異なる、ボランチが1人でトップ下が2人の逆三角形の形を採用していました。

端的に言えば、守備型のMFが1人と攻撃型のMFが2人になりますので、攻撃に重きを置くようになります。

また、4-4-2で左右のMFと2人のボランチを配置するフォーメーションを採用している試合もありました。

今シーズンも相手に応じて、これらのフォーメーションが採用されるかもしれません。

 

まとめ

・基本フォーメーションは昨シーズンから採用している守備的な4-3-3です。

・昨シーズンも同じフォーメーションを採用していましたが、たまに攻撃的な4-3-3や4-4-2も採用していました。

・基本、4人のディフェンダーと3人の中盤の選手を真ん中に配置するようなフォーメーションを採用します。

・堂安律選手は右FW(ウイング)として起用される可能性が高そうです。

参考:
transfermarkt
CL予選
国内リーグ戦
EL予選
昨シーズンのフォーメーション履歴

関連記事

PSV(サッカーチーム)のメンバーを一覧化!注目選手もみてみよう

PSV(サッカーチーム)の読み方や意味を確認!本拠地はオランダのどこ?

オランダリーグのレベルはどれくらい?順位をUEFAランキングで確認【サッカー】

コメント