ラ・リーガとは?リーガエスパニョーラとの違いは何?意味や構造をまとめたよ

サッカー

世界で1番レベルが高いと言われるスペインのサッカーリーグ、ラ・リーガ。ここでは、意味やリーグ構造と一緒にリーガ・エスパニョーラとの違いについてまとめていきます。

スポンサーリンク

ラ・リーガとは?

ラ・リーガとは?

バルセロナやレアルマドリードが所属するリーグとして有名なスペインのサッカーリーグのことをラ・リーガと呼びます。

ラ・リーガはスペイン語で「La Liga」と表記し、英語にすると「The league」となります。

「そのリーグ」というシンプルな名称を取られています。

 

ラ・リーガ1部をピラミッドの頂点として、2部リーグ、3部リーグと下部リーグの構成があります。

 

1部リーグのことをスペイン語で「Primera Division(プリメーラ・ディビシオン)」(Primera は「最初の」Divisionは「部門」という意味)、

2部リーグのことを「Segunda Division(セグンダ・ディビシオン)」(Segundaは「第2の」という意味)

3部リーグに相当する2部リーグBをセグンダ・ディビションB(Segunda Division B)、

4部リーグに相当するリーグを「Tercera Division」(Terceraは「第3の」という意味ですが、実質4部)

といいます。

 

2016年7月よりサンタンデール銀行が命名権を買い取ると1部リーグを「La Liga Santander」、2部リーグのことを「La Liga 1|2|3(ラ・リーガ・ウン・ドス・トレス)」と呼ぶようになりました。(「1|2|3」はサンタンデール銀行のスローガンです。)

さらに2部リーグに至っては、正式名称が2019年7月に変更。「La Liga 1|2|3(ラ・リーガ・ウン・ドス・トレス)」から「La Liga SmartBank」となりました。

参考:laliga

 

ラ・リーガには何チームあるの?

1部リーグのチーム数は20チームで、2部リーグは22チームです。

1部、2部リーグは全国リーグになっていて、3部リーグ以下は地域リーグとなっています。

3部リーグは4つに分けられていて、それぞれのリーグに20チーム所属しているので、計80チームが所属しています。

日本でいうと、J3が4つある感じです。

3部の下には4部リーグがありますが、アマチュアリーグとなり、La Ligaの運営とは異なります。4部リーグも地区ごとに分けられていますが、全部で18のリーグに分けられていて、計360チームが所属しています。

 

昇格の仕組みはどうなってるの?

昇格、降格の仕組みは1部と2部では3チームずつ、2部と3部とでは4チームの入れ替えがあります。
3部と4部では少し複雑です。

3部各リーグの下位最大5チームが降格し(プレーオフ次第で4チームのみ)、4部各リーグの上位4チームがプレーオフに進出して、他のリーグのチームと昇格を争います。

 

ラ・リーガとリーガ・エスパニョーラの違い

このスペインリーグですが、人によって呼び名が違うことがあります。ある人は上記のようにラ・リーガと呼びます。また、ある人はリーガ・エスパニョーラと呼びます。

スペイン語で「Liga Española」と表記します。日本語訳するとそのまま「スペインリーグ」を意味します。

つまりラ・リーガもリーガ・エスパニョーラも同じ意味です。

 

このリーガ・エスパニョーラは愛称のようなものでもあります。

スペインリーグ全体をリーガ・エスパニョーラと呼びます。日本で当てはめてると、リーガ・エスパニョーラをJリーグ、ラ・リーガ サンタンデルをJ1と呼ぶようなものです。

(狭義ではプリメーラ・ディビシオンのことを指すこともありますが。)

どちらの単語を使っても、スペインリーグには代わりはないので、好きな方を使っていきましょう。

 

まとめ

・ラ・リーガとは、スペインのサッカーリーグの呼称です。

・1部リーグと2部リーグが全国リーグで、それ以下は地域リーグとなります。

・1部リーグから3部リーグがプロでそれ以下はアマチュアリーグになります。

・リーガ・エスパニョーラはスペインリーグの愛称で、スペインリーグの全体を指します。

参考:
sportiva.shueisha
footballchannel
soccer-king
us.soccerway
qoly

関連記事

リーガエスパニョーラ2部の試合数は何節まで?期間はどれくらい?

リーガエスパニョーラ歴代日本人選手一覧!所属クラブや期間も見てみたよ

コメント