ACLのルールを確認!イエローカードは累積何枚で退場?【サッカー】

アジアナンバーワンのチームを決めるアジアチャンピオンズリーグ。

ここではACLでのイエローカードのルールついて確認していきます。イエローカードは累積何枚で退場になるのでしょうか?

イエローカード累積何枚で退場?

アジアチャンピオンズリーグのことをACLといいます。

ACLはアジアナンバーワンのチームを決めるとあって、長丁場の戦いでもあります。このため累積がチームの運命を左右することも。

決勝トーナメントがベスト16から始まり、決勝もホーム&アウェイで戦うので優勝するには計8試合戦う必要があります。

その中で悪質な反則をした時に提示されるイエローカードがトーナメント中に通算2枚目を提示されると次の試合は出場できなくなります。

例えば、準々決勝の1戦目でイエローカードももらい、準決勝の2戦目でもう一枚もらうと決勝の1戦目は累積で出場することができません。

このため主力選手が出場できなくなり、チームとしての総合力が問われることになります。

例えば2019年は、正GKの西川周作選手が準決勝2戦目に通算2枚目のイエローカードをもらい、決勝の1戦目は出場停止に。第2GKである福島春樹選手がACL初出場を果たしました。

また通常の試合と同様に、1つの試合でイエローカードを2枚もらうと即退場となり、次の試合も出場することはできません。

 

まとめ

・ACLでは通算2枚目のイエローカードで次の試合に出場することができない

・同じ試合で2枚のイエローカードをもらうと即退場となり、次の試合も出場することができない

参考:sakanowa

コメント