バドミントンラケットの重さはどれくらい?選び方のポイントやおすすめブランドをチェック

バドミントン

バドミントンはラケット選びはとっても大事!ラケットの重さやバランスなどは自分の得意のプレー方法や腕の力などによって選び方が違ってきます。

そこで、数あるラケットの中からどう自分に合うラケットを選べば良いのか?おススメのブランドとともにご紹介します。

スポンサーリンク

バドミントンのラケットの重さはどれくらい?

バドミントンのラケットはテニスラケットと違ってとっても軽いのが特徴。

テニスと違ってラリーが速いので、あのシャトルのスピードに付いていくためにはラケットが重たいと難しくなります。その為、バドミントンはラケットがとっても軽量化されているのです。

重たくても100gあるかないか?というぐらい軽いです。

そのため、どれを選んでも問題ないように思われやすいのですが、自分の特性によってやはり、合う、合わないが出てきます。

また、テニスボールと違ってバドミントンで使用されるシャトルはコルクとハネで作られていてこれまた軽量に出来ています。

選び方のポイント

軽量のラケットであっても選ぶ時には自分に合った1本を見つける事がとっても大切です。
ラケットはガットの部分、グリップの部分、そしてガットとグリップをつなげる部分の3つのバランスが必ずしも均等ではありません。

 

腕の力が弱いけれど確実に打ち返すタイプであれば、ヘッド(ガット)の部分が軽くなっている「トップライト」が向いています。

スマッシュが得意で、攻撃的なプレーが得意であればヘッド(ガット)の部分が重くなっている「トップヘビー」が向いているでしょう。

また作戦を立ててプレーをする事が得意な人は、均等なバランスの「イーブン」が向いています。初めてバドミントンを始めるのであれば、イーブンを選えば間違いはないでしょう。

 

次にラケットのトップライトやトップヘビー、イーブンの見方を説明しますね。

ラケットのタグに「U、2U、3U、4U、5U」と書いてあります。5Uが一番軽量です。

 

ラケットをまず、人差し指の上にラケットの中心を乗せて「やじろべえ」のようにします。

極端にヘッドが下がれば「トップヘビー」、グリップが下がれば「トップライト」バランスを保っているようであれば「イーブン」です。

 

次にグリップが手にフィットするかどうかを見ましょう。

手が小さめであったり、握力が弱い場合は細いグリップが向いています。

力強くシャトルを打つのであれば、グリップは太めが適しています。

 

また握り心地を調節するために、既にまいてあるグリップの上からテープを巻いて微調整を行います。

この時、あえて凹凸のあるタイプを選べば滑り難くなり、より手にフィットします。また汗を吸い取って滑り難くするタイプもあるので、自分に合った物を選びましょう。

勿論ガットも好きなコードを選んで調整する事が出来ます。

 

今どんなガットが貼ってあって、グリップはどれぐらい太くてなどの情報は全てグリップのちょっと上の辺りに表示されていますので、タグがなくてもそこを見れば分かるようになっています。

ラケット本体の重さを選んでからバランスを選んでも良いです。私は重さを選んでから、自分の得意なプレーに合わせて「イーブン」を選びました。

ラケット選びは単に持ちやすい、握りやすいだけではなくいかにラケットを握る自分への負担を軽減するかです。

負担があるということは、自分に合っていないラケットだとも言えます。

 

おすすめブランドはどこ?

では、どこのブランドがおすすめかというと、

初心者であれば「ヨネックス」か「ゴーセン」「パシフィック」

扱いやすいと思います。

ヨネックスは初心者向けのラケットが充実しているので、初心者から上級者、プロも愛用しています。

また以前バドミントンをしていたんだけど、また復活したいという人には「バボラ」もしくはプロが持っている「ウィルソン」はいかがでしょう

ただ、初心者がウィルソンを持っても恐らくは使いこなせないかと思います。

形から入らず、先ずは自分に合ったラケットを見つけましょう。

 

ちなみに価格帯は、プロも愛用するウィルソンは相場がだいたい2万円前後!!

ヨネックスは初心者用なら5000円台から取り揃えてあります。

私が初めて持ったラケットは6000円ぐらいのヨネックスだったんですが、自分のプレイスタイルに合わせたラケットを探した方が良いとのアドバイスでラケットを作りました。

スポーツ用品店で見本のラケットを手に持ち、グリップやガット、バランス、重さなど一つ一つ拘り…トータルで1万4000円程かかってしまいました(-_-;)

 

ですが、それまで使っていたラケットとは違って試合をしていても腕が疲れにくくなり負担が軽減されました。お財布が許すのであれば、ちょっとこだわってみるのもおすすめです。

 

まとめ

バドミントン。

小学生の頃はネットもコートもなくただひたすら友達とラリーをしているのが楽しかったんです。

その思いから、バドミントン部に入部したところ見た事ない羽根のシャトルに、振り抜いた時の風を切る音、相当ハードな試合に入部をキャンセルしようかと思ったほど…。

ですが、あっという間にバドミントンの魅力にはまりました。

バドミントンは割と腕を上げている事が多いので、背中のシェイプアップにも効果があるんですよ♪スポーツを始めるならバドミントンがおすすめです!!

コメント