ワールドカップ予選の出場国と試合数まとめ!【サッカー】

サッカー

2022年に開催されるワールドカップ予選の出場国は何チームあるのか。ここでは試合数と一緒に見ていきます。

スポンサーリンク

ワールドカップ予選の出場国はどれくらい?

アジア予選では、46カ国が予選に参加します。2019年7月31日現在すでに1次予選は終了していて、6チームの敗退が決定しています。

試合数も見てみよう!

1次予選で12試合が行われました。

2次予選では40チームが8つの組に分かれており、それぞれ20試合行います。20試合×8で計160試合行われます。

最終予選では、12チームが2つの組に分かれますので、それぞれ30試合行います。30試合×2組で計60試合行われます。

最後に3位同士の試合が2試合組まれます。

これまでの合計で、アジア予選は全222試合開催されます。

まとめ

・アジア予選に参加するチームは46チーム

・アジア予選で開催される試合は222試合です。

参考:afc

コメント