富士ゼロックススーパーカップのチケット情報を整理!購入方法や値段を見てみた

サッカー

2020年のJリーグ開幕を告げる大会として、富士ゼロックススーパーカップ2020が開催されます。

2019年優勝チームの横浜Fマリノスと天皇杯の優勝チームが対戦しますが、この華々しい大会をスタジアムで観戦する場合、どうすればチケットを手に入れられるでしょうか。

チケットの購入方法や値段について見ていきます。

スポンサーリンク

チケットの購入方法をチェック

富士ゼロックススーパーカップのチケット購入方法はJリーグ公式アプリ、チケットぴあプリセール、一般販売と3回に分けて販売されます。

一番早く申し込めるのがJリーグ公式アプリ最速先行抽選(先行価格)です。当然Jリーグ公式アプリをダウンロードして申し込みが必要になります。

受付期間…2019年12月26日(木)18:00から2020年1月6日(月)12:00まで

結果案内…2020年1月10日(金)18:00頃

となっています。

 

次に早い販売はぴあでのプリセール(先行価格)です。

こちらは抽選ではなく、販売になります。

期間は2020年1月15日(水)10:00から1月17日(金)23:59までです。

 

 

一番最後の一般販売は2020年1月19日(日)10:00から始まります。

Jリーグチケットまたはチケットぴあでの購入になります。

この販売はダイナミックプライシングが採用されるため、先行価格であったJリーグ公式アプリ最速先行抽選とプリセールに比べるとチケットの価格が値上がる可能性が高いです。

もし、富士ゼロックススーパーカップを観に行くのであれば、早めに申し込むことをおすすめします。

 

どこで買うの?

Jリーグ公式アプリ最速先行抽選ではスマホでの申し込みになるので特に店舗に行く必要はありません。

クレジットカードでの購入のため、チケットの発券をするときにQRコード発券を選べばスマホで完結します。ただし紙チケットの発券には近くのコンビニエンスストアで行う必要があります。

 

ぴあプリセール(先行価格)の場合は申し込みはスマホなどでできますが、発券はチケットぴあ店舗、セブンイレブン、ファミリーマートで発券する必要があるので、近くのコンビニへ行くのが早いかもしれません。

 

一般販売はJリーグチケット、チケットぴあで販売になります。Jリーグチケットはスマホで申し込みし、QRコード発券をすれば店舗に行く必要はありません。チケットぴあでの購入や紙チケットの発券はチケットぴあ店舗、コンビニに行く必要があります。

 

値段はいくら?

1人で一番高いシートはセレブレートシートで8,000円です。

メインスタンド側センターライン付近のピッチに一番近い席です。

 

そして一番安い席はゴール裏に位置する自由席大人2,000円、小中高1,000円です。(車椅子席を除きます)

 

またファミリーシートという大人と小中学生を組み合わせて4人で4,000円のチケットがあったり、初観戦シートといった2,000円でスタジアムグルメ券500円がついてくるチケットなど思考を凝らしたチケットがいろいろあります。

 

しかしこれらのチケットは一般販売からダイナミックプライシングにより価格が上がる可能性があります。2020年1月19日以降に購入する場合は、常に金額を確認しておきましょう。

 

現地に行けない時はテレビで観戦↓

富士ゼロックススーパーカップはテレビ放送で見れる?ネット中継も確認

 

まとめ

・チケットの購入はJリーグ公式アプリで申し込むのがおすすめです。またチケットぴあでも購入できます。

・チケットの値段は先行価格で2,000~8,000円くらいですが、2020年1月19日以降は値段が上がる可能性があります。

jleague

コメント