ワールドカップ予選ルール!延長時間は何分?引き分けだと勝ち点は同じ?【サッカー】

サッカー

ワールドカップ予選の試合のルールはどうなっているのでしょうか?

ここではワールドカップ予選における延長戦の有無、引き分けの場合の勝ち点についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ワールドカップ予選で延長戦はあるの?

ワールドカップ予選では、基本的に延長戦はありません。

90分間で決着がつかなくても試合は終了となります。

ただし、プレーオフと呼ばれる勝者を必ず選出する場面では延長戦があります。

 

アジアから本大会へ行ける数は4.5チームです。

4チームは各組の上位2チームが自動的に本大会に進出します。残りの0.5枠は北米や南米など他の大陸のチームと試合をして勝ったほうが本大会に出場します。

まず、アジア最終予選の各組の3位同士がアジア代表となるためのプレーオフ試合を2試合行います。その2試合の合計スコアが同点だと2試合目の後半後に延長戦が行われます。

それでも決着がつかない時はPK戦となり、勝ったチームが大陸間プレーオフに進出します。その後、同じように他の大陸のチームと本大会出場をかけて試合を行います。この際も勝者を決めなくてはいけませんから、2試合のスコアが同点だった場合は延長戦が存在します。

延長戦は15分の前後半に分けて行われます。前半と後半の間にハーフタイムはなく、給水の時間が取られですぐに後半が始まります。

引き分けの場合勝ち点はどうなる?

引き分けの場合、勝ち点1が両チームに与えられます。勝ちの場合は3で、負けると0です。

まとめ

・ワールドカップ予選では基本的に延長戦はない

・予選の試合で決着がつかない時は両チームに勝ち点1が与えられる

・勝者はを決めなければならないプレーオフになると延長戦の可能性がある

・その時の延長戦の時間は前後半15分ずつの計30分で行われる

関連記事

【サッカー】アドバンテージとは?審判のジェスチャーもチェック

ノックアウトステージとは?いつから使われているのか確認【サッカー】

 

コメント