天皇杯準決勝会場の決め方は?【サッカー】

サッカー

12月21日(土)に2019年最後のサッカーの試合として、天皇杯の準決勝2試合が行われます。もうすでに対戦相手も試合会場も決まっているのですが、決め方はどのようにしているのでしょうか。

スポンサーリンク

準決勝の会場はどこ?

準決勝の会場はヴィッセル神戸のホームスタジアム、ノエビアスタジアム神戸と鹿島アントラーズのホームスタジアム、茨城県立カシマサッカースタジアムです。

どちらの会場もホームチームのメインスタジアムです。

どうやって決めてるの?

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 ラウンド16組み合わせ抽選会

 

天皇杯のベスト16が出そろった時に、決勝戦までのトーナメントの組み合わせを抽選で行います。

抽選方法はトーナメント表に振られたポジションナンバーといわれる数字と、16の各チーム名をそれぞれくじで引いて、トーナメント表を作成していきます。

このときのポジションナンバーが奇数だとホーム、偶数だとアウェイとなります。

ただACLに勝ち残っていた鹿島アントラーズと浦和レッズは日程などを考慮してホームになるように抽選されました。

逆にイベントや、アマチュアのチームで地元のスタジアムが確保できなかった、FC東京、ホンダFC、法政大学はアウェイになるよう抽選されました。

このトーナメント表によってどこのホームで試合を行うか決まってきます。

そしてトーナメント表に合わせて、ノエビアスタジアム神戸と茨城県立カシマサッカースタジアムが準決勝で使われることになりました。

まとめ

・準決勝の会場はノエビアスタジアム神戸と茨城県立カシマサッカースタジアムです。

・ベスト16が出そろったところでトーナメントの組み合わせ抽選を行いました。

・チーム事情を考慮したうえで、抽選によってホームスタジアムが決められました。

関連記事

天皇杯で大学がJ1に勝ったことはある?ジャイアントキリングまとめ【サッカー】

天皇杯決勝のキックオフは何時?時間や日程をチェック【サッカー】

天皇杯の賞金はいくら?何位まででどこからでるのかも確認【サッカー】 

コメント