キリンチャレンジカップのハーフタイムって何分?時間をチェック

サッカー

日本代表が戦うキリンチャレンジカップのハーフタイムって何分あるのか。ここではキリンチャレンジカップの試合時間がどのくらいあるのか説明していきます。

スポンサーリンク

キリンチャレンジカップって何時間あるの?

キリンチャレンジカップは国際サッカー連盟(FIFA)が定める国際Aマッチとして定められています。

そのため、試合時間は前半45分、後半45分の合計90分で試合が行われます。

試合中に中断した時間をカバーするため、前後半ともに、アディショナルタイムが試合開始45分後に取られます。

アディショナルタイムはけが人が出た時の対処や、交代選手が多くなると増えますが大体1〜3分が基本的な長さとされています。選手たちがプレーする試合時間はトータルでおおよそ95分くらいとなります。

前半と後半の間にはハーフタイムという休憩時間が取られますので試合の放送時間はその分長くなります。次にハーフタイムの長さを見ていきます。

ハーフタイムって何分だっけ?

サッカーは激しいスポーツですので45分もプレーするだけで疲労はすごくたまります。
そのためハーフタイムが前半と後半の間に取られます。

ハーフタイムは15分を超えてはならないという規則がありますので、ハーフタイム=15分と覚えていて大丈夫です。

この15分の間にただ休憩するのではなく、前半で見つかったチームの課題や狙いをチームで共有したり、治療を受けたりと勝つためにロッカールームは忙しくなります。

選手によってはリフレッシュするためにシャワーを浴びたりします。ドリンクを飲んだり、バナナやチョコなどのエネルギー源の補給もします。

キリンチャレンジカップはダゾーンで観れる?ネット中継や見逃し配信情報まとめ

まとめ

・ハーフタイムは15分

・試合時間は前後半とハーフタイムを合わせておおよそ105分

・アディショナルタイムによって105分以上にも。

参考:JFA

関連記事

キリンチャレンジカップのチケット!当日券の発売はあるの?

キリンチャレンジカップとは?意味を確認!賞金や商品は引き分けでもあるの?

コメント