水泳選手のピーク年齢はいつ?世界競泳やオリンピックの選手を調査

水泳

水泳は生涯スポーツと言われています。小さなお子様から高齢の方まで、老若男女問わず楽しめるスポーツです。

では、最前線で活躍している競泳選手などは何歳までオリンピック選手としてあるいは世界競泳の舞台で活躍できるのか。

そんな競泳選手のピーク年齢を調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

水泳選手のピーク年齢はいつ?世界競泳やオリンピックの選手の年齢を見てみると…

ここでは、現在第一線で活躍している選手と引退をした選手の年齢の違いや歴代のオリンピックで獲得してきた戦績などを紹介していきます。

 

<第一線で活躍している水泳選手>

萩野公介選手 24歳
種目:個人メドレー
成績:金メダル1個 銀メダル1個 銅メダル1個

wikipedia

ライアンマーフィー選手 23歳
種目:背泳ぎ
成績:金メダル3個

wikipedia

ケイティレデッキー選手 21歳
種目:自由形
成績:金メダル5個 銀メダル1個

wikipedia

ペニーオレクシアク選手 18歳
種目:自由形、バタフライ
成績:金メダル1個 銀メダル1個 銅メダル2個

wikipedia

 

<最近引退をした水泳選手>

マイケルフェルプス選手
種目:バタフライ、個人メドレー、自由形
成績:金メダル13個 銀メダル2個 銅メダル1個
2016年31歳で引退。

wikipedia

北島康介選手
種目:平泳ぎ
成績:金メダル 4個
2016年34歳で引退。

wikipedia

金藤理絵選手
種目:平泳ぎ
成績:金メダル 1個
2018年30歳で引退。

wikipedia

 

各選手引退理由はプライベートの充実や、子育てと様々ですが本質的なところはやはり体力の限界や若い世代への世代交代というのが有力的だと考えます。

ですが、ひと昔とは引退する年齢も変化してきています。

選手寿命は伸びてるの?

ここでは、ひと昔前の選手と現在活躍している選手の年齢層に違いはあるのか。選手寿命はどのように変化してきているのかを紹介していきます。

現在の競泳選手は最前線で活躍する選手の低年齢化の傾向があり、引退する年齢も以前よりも高くなっています。

その要因としては、現在の科学やトレーニング理論の発達により、より効率的にトレーニングを行い力をつけているからです。

例えば、心拍数や筋力の変化などを機械で読み取り現在の状態にあった練習メニューや筋力トレーニングを行うことで、低年齢でも無駄のない身体づくりができ、高い泳力を得ることができます。

引退年齢が高くなっているのは、怪我への対処やメンタルトレーニングが主にあげられます。

以前までは怪我をしても、対処ができず選手へと復帰させることができませんでした。

現在では、医療と技術の進歩により以前では対処できなかったことが対処できるようになり、選手に復帰という選択肢を与えることができるようになっています。

また、やはりトップ選手ともなると周りの期待やプレッシャーに押しつぶされてしまうことも。そこで、メンタルトレーニングを行うことで選手をバックアップできる環境が整い選手の心の負担を減らすことができています。

まとめ

・ひと昔は20代半ばで引退する選手が多かった

・現在では、30代まで選手寿命が延びている

・トレーニング理論や設備の充実により、効率よくトレーニングができケガへの予防ができる

・メンタルトレーニングなど心のサポートが充実してきた

以上のことにより、現在ではひと昔前よりも選手寿命が延びピーク年齢が上がっていることが言えます。

関連記事

池江璃花子の身長や肩幅はどれくらい?読み方もチェック【水泳】

テニス選手の年齢のピークは何歳?フェデラーやナダルにジョコビッチも凄すぎる…

東京オリンピックチケット購入方法!値段や予約販売開始日時をチェック

コメント