東京オリンピックチケット購入方法!値段や予約販売開始日時をチェック

オリンピック

そろそろ東京オリンピックのチケットの申し込みを…と言う方も増えているこの頃。ここでは東京オリンピックのチケットの購入方法や値段、予約販売開始日時をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

チケット購入方法!予約販売開始はいつ頃?

東京オリンピックのチケットは、東京2020大会公式チケット販売サイトにて販売されます。オリンピックが開催される2020年になると、都の設置したチケット販売所による販売も始まる予定。

公式サイトを通して購入するためには、事前にTOKYO 2020 IDに登録しておく必要があります。チケット購入の際にはこのTOKYO 2020 IDが必須です。

登録すると大会情報やチケット情報などを含むメールマガジンが配信されるようになります。

2020年になって設置されるチケット販売所から入手する場合はTOKYO 2020 IDは必要ありません。

購入の流れ

購入方法は段階的に分かれています。

まずは抽選、そのあと先着順、直前販売という流れになります。

抽選申込期間は初日と最終日が一番混雑します。早め早めに予約しておきましょう。

予約したら必ずGETできるものではなく、抽選なので神頼み…。落選した場合は、先着順販売に望みをかけましょう!

TOKYO 2020 IDに事前登録

2019年5月9日に抽選申込受付開始
2019年5月28日23:59抽選申込受付終了
2019年6月中旬以降に抽選結果発表

当選者による購入手続き

2019年秋〜冬に先着順販売

2020年春以降直前期販売
・公式チケット販売サイト
・都内設置のチケット販売所
・公式リセールサービス

東京オリンピックのチケットの値段は?

さてここからは肝心のチケットの値段について。

オリンピックのチケットの値段は、一律というわけではなく競技別に異なっています。さらに一つの競技の中でも価格帯に幅があるようです。

以下、チケット価格の詳細です。

開会式 ・・・12,000円~300,000円
閉会式 ・・・12,000円~220,000円
水泳(競泳)・・・5,800円~108,000円
水泳(飛込)・・・3,500円~30,500円
水泳(アーティスティックスイミング)・・・4,000円~45,000円
水泳(水球)・・・3,000円~18,000円
水泳(マラソンスイミング)・・・3,500円~5,500円
アーチェリー・・・3,000円~7,000円
陸上競技(トラック&フィールド)・・・3,000円~130,000円
陸上競技(マラソン)・・・2,500円~6,000円
陸上競技(競歩)・・・チケット販売なし
バドミントン・・・4,000円~45,000円
野球・・・4,000円~67,500円
ソフトボール・・・2,500円~25,500円
バスケットボール(3X3)・・・ 3,000円~18,000円
バスケットボール(バスケットボール)・・・3,000円~108,000円
ボクシング・・・3,500円~45,000円
カヌー(スラローム)・・・3,000円~10,000円
カヌー(スプリント)・・・3,000円~9,500円
自転車競技(BMXフリースタイル)・・・4,000円~10,000円
自転車競技(BMXレーシング)・・・3,000円~12,500円
自転車競技(マウンテンバイク)・・・3,500円~5,000円
自転車競技(ロード(ロードレース・ゴール、個人タイムトライアル))・・・3,500円~5,500円
自転車競技(トラック)・・・4,000円~14,500円
馬術(馬場馬術、総合馬術、障害馬術)・・・3,000円~16,000円
フェンシング・・・3,000円~11,500円
サッカー・・・2,500円~67,500円
ゴルフ・・・3,000円~10,000円
体操(体操競技)・・・4,000円~72,000円
体操(新体操)・・・4,000円~36,000円
体操(トランポリン)・・・5,500円~16,000円
ハンドボール・・・3,500円~20,000円
ホッケー・・・2,500円~10,000円
柔道・・・4,000円~54,000円
空手(形、組手)・・・3,500円~12,800円
近代五種・・・2,500円~4,000円
ボート・・・3,000円~9,500円
ラグビー・・・2,500円~25,500円
セーリング・・・3,000円~5,500円
射撃(ライフル、クレー)・・・2,500円~5,500円
スケートボード(パーク、ストリート)・・・4,000円~11,500円
スポーツクライミング・・・3,000円~12,500円
サーフィン・・・調整中
卓球・・・3,500円~36,000円
テコンドー・・・3,000円~9,500円
テニス・・・3,000円~54,000円
トライアスロン・・・4,000円~8,000円
バレーボール(ビーチバレーボール)・・・3,500円~45,000円
バレーボール(バレーボール)・・・4,000円~81,500円
ウエイトリフティング・・・2,500円~12,800円
レスリング(フリースタイル、グレコローマン)・・・4,000円~45,000円

こうしてみてみると、競技によって随分と価格の差がありますね。

認知度や人気の度合い、場所によって決められているのかなと。

まとめ

・金額の幅は大きく2千円台〜30万円

・2019年春に抽選申込が開始、2019年秋〜冬にて先着順販売、2020年春に直前販売

・抽選販売なので予約したら必ずGETできるわけでない

 

最高金額が10万円を超える競技も多く見受けられますが、最高金額は開会式の30万円。やはり華やかな開会式に人気は集中することが予想されているのでしょう。

最高金額の高さについつい目がいってしまいがちですが、実はチケット全体の半分以上が8,000円以下で購入可能ということなので安心してください。また、開催年度の2020年に因んで、2,020円の企画チケットの設定もあるそうです。

詳細はこれからどんどん明らかになっていくと思いますが、ひとまず今はTOKYO 2020 IDに登録して、これからの続報をこまめにチェックするようにしましょう!

■参考

東京オリンピック公式サイト

関連記事

東京オリンピックのチケット購入方法!バスケの値段と販売開始日を確認

東京オリンピックのチケット購入方法!バドミントンの値段はいくら?事前登録を忘れずに

東京オリンピックチケット情報!開会式や閉会式の値段はいくら?

東京オリンピックの競技種目と競技数まとめ!新種目は何?

コメント