サッカーのアウェイゴールとは?ルールを確認

サッカー

サッカーを観ていると時々「アウェイゴール」という言葉をアナウンスされることがあります。通常のJリーグなどではあまり聞くことのない言葉です。

ではどんな試合のときに用いられるのでしょうか。そしてどんな意味があるのでしょうか。ルールを見ていきましょう。

スポンサーリンク

アウェイゴールとは?

アウェイゴールが採用される状況は、ホーム・アンド・アウェイ方式であることです。

主にUEFAチャンピオンズリーグ、ACL、ワールドカップ予選、Jリーグカップなどで行われている方式で、同じ対戦相手とホーム、アウェイで2回対戦します。

このホーム・アンド・アウェイ方式で2試合が終了し、通算の得点が同点だった場合、アウェイで獲得した得点が多かったほうが勝ち上がります。

このときのアウェイで獲得したゴールのことをアウェイゴールと呼びます。

通常のリーグ戦ではホームでもアウェイでも1得点に1点以上の重さはありませんが、ホーム・アンド・アウェイ方式でアウェイゴールを奪うことはとても有利になることになります。

2試合終了して同点、アウェイゴールも同点だった場合には延長戦に入ることが多いです。

 

例えば…

2019年のACL準々決勝の例を見てみましょう。

広州恒大がホームで鹿島アントラーズと対戦しましたが、0-0のドローという結果でした。

1か月後、同じ対戦を鹿島アントラーズのホームで戦いました。

結果は1-1のドローですが、このときのアウェイゴールは広州恒大の1、鹿島アントラーズは0ということで準決勝に進んだのは広州恒大となりました。

 

まとめ

・アウェイゴールとは、ホーム・アンド・アウェイ方式で行う2試合で、アウェイで奪ったゴールのことを指す

・2試合終了して同点の場合はアウェイゴールの多いほうが勝ち上がるため、とても比重の重いゴールとなる

wikipedia

関連記事

【サッカー】アウェイとは?意味や使い方を復習

【サッカー】オフザボールとは?意味や動き方を確認

PK(サッカー)のルールや意味を確認!距離や順番もチェック

コメント