東京オリンピックのチケット購入方法!陸上の値段はいくら?販売開始日もチェック

オリンピック

いよいよあと2年と迫ってきました『東京オリンピック2020』。自国開催のオリンピックなんて、一生の間にそう何度もあることではありません。

ここではオリンピックのチケットの購入方法や値段を陸上にスポットを当てて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

東京オリンピックのチケット購入方法!まずはID登録

東京オリンピックのチケットを購入するには『TOKYO 2020 ID』の登録が必要です。
登録は東京オリンピック公式サイトから可能です。

東京オリンピック-TOKYO 2020 IDサイト

こちらにアクセスして、メールアドレスを入力し、『仮登録メールを送信』をクリックします。すると、メールアドレスに仮登録メールが送られてきますので、
メール内にあるURLをクリックし、本登録を行います。

本登録に必要なのは氏名、住所、電話番号、生年月日程度の基本的な情報のみです。これらを入力し、興味のある競技をクリックすれば登録完了です。

2〜3分で簡単に登録できます。ID登録を済ませておけば、チケット情報や大会関連情報が送られてきます。

陸上の値段は?いつから販売されるの?

抽選受付期間は2019年5月9日10:00〜5月28日23:59となっています。

最終日は混雑しますので余裕を持たれて受付されて下さいね。

さて、気になる陸上競技の値段はいくらでしょうか?

トラック&フィールド

午前予選(男女) 13,500円 11,000円 9,500円 6,000円 3,000円

午前決勝(男女) 25,000円 19,000円 14,500円 7,000円 4,000円

午前決勝(男女) 30,000円 21,000円 16,000円 8,000円 5,000円
(陸上競技の決勝と女子マラソン決勝を含む)

午後決勝(男女) 67,500円 54,000円 30,000円 10,000円 5,800円

午後決勝(男女) 130,000円 108,000円 41,500円 11,800円 5,800円
(男子100m、男子4×100mリレー、女子4×100mリレー、男子4×400mリレー、女子4×400mリレーのいずれかを含む)

マラソン

 決勝(男子) 6,000円 4,000円 2,500円

競歩

決勝(男女)チケット販売無し

 

価格に幅があるのは座席の位置と行われる種目によって異なるためです。特にトラック&フィールドに関しては3,000円〜130,000円と価格に大きな幅があります。

花形種目の男子100m決勝をゴール付近の良い席で観戦しようとすれば、それだけチケットも高額になるということです。

競歩に関しては競技場を使用せずに一般道で競技を行うのでチケット販売はありません。タダでメダル獲得の瞬間が見れるかもしれませんが混雑もしますよね多分…。

東京オリンピック公式サイト

まとめ

・東京オリンピックのチケット購入には『TOKYO 2020 ID』への登録が必要。

・トラック&フィールド競技は3,000円〜130,000円

・マラソンは2,500円〜6,000円

・座席の位置や種目によりチケットの値段は異なる

関連記事

東京オリンピックの競技種目と競技数まとめ!新種目は何?

東京オリンピックチケット購入方法!値段や予約販売開始日時をチェック

東京オリンピックチケット情報!開会式や閉会式の値段はいくら? 

コメント